素人でもできる水漏れの原因の特定と修理

水漏れが発生したら慌てて業者を呼びたくなりますが、素人でも修理できるケースがありますので、最初にその切り分けが必要です。水道を締めてもポタポタと垂れてくる時には、内部にあるパッキンに何らかのトラブルが発生していて、水を止めることができません。パッキンは使えば使うほど摩耗していくものですので、しばらく換えていなければ交換しましょう。修理といっても簡単な工具で部品を取り外し、中の古いパッキンを外して新しいものを取り付けるだけですので、それほど難しくはありません。

気を付けるべきことは、パッキンの種類を間違えないようにすることくらいです。シンク下で水漏れしている時に確認したいのは、排水管が割れたりヒビが入っていないかという点です。万が一割れたりヒビが入っていたりすれば、素人ではどうにもできません。排水管ごと取り換える必要があるため、業者への依頼が必要です。

パッキンやゴムが劣化していたら、とりあえず交換して様子を見るとおさまるケースもあります。どちらも経年劣化しやすく、使用頻度の高い場所では頻繁に交換しなければなりません。トイレの水漏れでは、ゴムフロートが関係している可能性があります。ゴムフロートはホームセンターで入手でき、修理も簡単です。

純正品を使うとしっかりとした修理ができますので、メーカーに問い合わせて正規品を送ってもらうのも一つの方法です。届くまでは応急処置をしておき、該当箇所は使用しないようにしましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*