キッチンの水漏れ修理は自分でできる

キッチンの蛇口部分から水漏れをして交換が必要になった場合でも、自分で修理することは可能です。修理をし始める前に用意しておきたいものは、モンキーレンチやマイナスドライバー、六角スパナです。止水栓にソケットを付ける時にはモンキーレンチが必要であり、ソケットの大きさに合わせた工具を用意する必要があります。マイナスドライバーは止水栓を開ける時に必要となり、色々なサイズがありますので止水栓を確認して適切な大きさのマイナスドライバーを購入することが重要です。

六角ナットを回しながら外す際に使うのが六角スパナですが、必要ないと考える人もいるようです。しかし、モンキーレンチでは開けにくい場合もありますので、念のため用意しておきましょう。水漏れ修理を始める前に必ずやっておかなければならないのが、止水栓を止める作業です。止水栓が確認できない場合には、元栓を閉める必要があります。

止水栓を止めたら既存の配管部分の撤去を行いますが、その際は逆止弁と呼ばれる金具を工具で外し、逆止弁まで外したら固定ナットを外します。固定ナットが外れたら蛇口本体を取り外して取付穴に新しい蛇口の部品と本体を取り付け、給水ホースを接続したら完了です。給水ホースは逆止弁に差し込むようになっており、誰でも簡単に接続できます。給水ホースの取り付けが無事に終わったら、止水栓を開いてみて水漏れが直っているかを確認しましょう。

シンクの下のチェックも大切ですので、忘れずに確認します。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*