自分でできる蛇口の水漏れ修理

蛇口からの水漏れといっても、原因は一つではありません。水が出てくる口やパイプの付け根、ハンドルの下、蛇口の取り付け部分と色々ありますので、まずは原因を探ることから始めます。蛇口の種類によっても修理方法は異なり、必要な修理方法は種類別に探す必要があります。主な種類はシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓であり、シングルレバー混合水栓はレバーが一つだけで上下に上げ下げすることで水量を調節できるタイプです。

ハンドル混合水栓は古くからあるタイプであり、冷水と温水の2種類のハンドルが付いています。冷水と温水の量を調節しなければならないので使い勝手はやや劣りますが、シンプルな造りで修理はしやすい種類です。シングルレバー混合水栓の水漏れは、レバーの下がもっとも起こりやすい箇所です。構造的な面から下の方に遊びのスペースができやすくなり、その部分から水漏れを起こします。

バルブカートリッジを交換すればおさまりますので、バルブカートリッジを用意しましょう。止水栓の接続部分も良く原因になるため、パッキンが老朽化したらこまめにチェックしておくと良さそうです。ハンドル混合水栓で蛇口の水が出てくる口から出ている場合には、ハンドル下にあるパッキンやコマに不具合が生じています。パイプの付け根部分もパッキンが主な要因になり、パッキンが劣化していたら交換が必須です。

ナットの緩みでは、工具を使って閉め直すだけなのですぐに修理が終わります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*