ネクタイはオシャレに差をつける

subpage01

ネクタイといえばフォーマルシーンやビジネスシーンで着用することが多いアイテムですが、特に男性のスーツスタイルやジャケットスタイルをオシャレに魅せるための大きな役割を担っています。
その理由ですが、男性のスーツスタイルやジャケットスタイルは女性のファッションに比べるとそれほどバリエーションが多くなく、どうしても決まりきったスタイルになりがちといった特徴があります。そのため、小物に気を使うことが大切なのですが、靴やベルトはできるだけ色を揃えた方が統一感が出るといったように美しいとされるルールが多くあります。

ネクタイ情報はすぐに役立ちます。

つまり男性のスタイルにおいてネクタイというのは自由度が高く個性を出しやすいポイントなのです。


また、顔に近い位置にあるので目につきやすくネクタイひとつで印象が大きく変わってきます。まずは色ですが、赤であれば情熱的、青であれば知的な印象などその色の持つ意味がそのまま服装に反映されます。



また、柄も無地やドット、ストライプ、チェックなど様々なものがありますが、基本的に無地、または柄が小さく、細いものほど上品な印象を与えます。
なお、素材ではウールで季節感を演出するということも可能です。

また、色や素材だけでなくノットと呼ばれる結び方を変えるだけで、雰囲気が大きく変わるだけでなく、ディンプルと呼ばれる結び目のくぼみを作ることで立体的に見せたり、はたまたディンプルを1つ作るのか2つ作るのかといったことから、少しだけネクタイの小剣をずらしてこなれた印象を演出したりと、ネクタイひとつでこれほどまでオシャレを楽しむことができます。