賃貸物件の水のトラブルについて

水のトラブルは一軒家に起きると決まっているわけではなく、賃貸物件でも起こりうる可能性は十分あります。一口に水のトラブルといっても、水道の詰まりや水漏れなど定番のトラブルを始めとし、あらゆるトラブルがあるので適した業者を選んで修理してもらわなくてはなりません。賃貸発見となれば、水のトラブルが起きた時にまず行うべきことが、止水栓を止めた後すぐに管理会社や大家さんに連絡を取るということです。契約時に水のトラブルが起きた際のことも話していたり、契約書に記載されていることが大半ですが、内容を忘れてしまっていることが大半です。

後々予期せぬトラブルに発展させないためにも、まずは大家さんや管理会社に連絡を取るようにするべきです。確認しておかなくてはならないのが費用の負担は誰がするのかという点と、管理会社や大家さん側で契約している業者はいないのかという点です。管理会社や大家さんに連絡した結果、自分で業者を手配する必要があるということがわかれば、自分が良いと感じる業者を選んで依頼するようにしましょう。管理会社や大家さんが契約している業者がある場合には、任せておけば手配してもらえるので問題はありません。

その場合でも修理費用はどちらがどの程度負担する必要があるのかは、確認しておくべきです。賃貸物件となれば、自分たちだけの問題ではなくなってくるのでしっかりとトラブル解決させておくことが重要ではないでしょうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*