ウォーターサーバー本体の選び方と水の種類

最近多くの家庭に利用、設置されているウォーターサーバーですが、選ぶ際に重要な点があります。それが「扱う水の種類」です。メーカーによって扱う水の種類が違うので注意が必要です。一般的には天然水、RO水(ピュアウォーター)、RO+ミネラル水(デザインウォーター)などに分けられます。

天然水の細かな不純物を除いたものがRO水系統になります。また、水には軟水、硬水といった高度による分類があり、ミネラル分(カルシウムイオンなど)の量が違います。日本人の体質は硬水に不慣れなので、軟水の水を扱っているサーバーがお勧めです。日本で発売されているウォーターサーバーのほとんどは、軟水を取り扱っているので。

この点はそれほど注意しなくても大丈夫です。あとは目的に応じた水を選ぶと良いです。美容目的であれば血糖値を下げるといわれているバナジウムを含んだ水など、さまざまな種類があるのでそれぞれの用途に応じて選ぶと良いです。次は、サーバー本体の選び方です。

一人暮らしの場合は、本体は小さめがお勧めで、水にも賞味期限がありますから、水のボトルも2週間以内で使い切れる小さめなものが良いです。お子様のいるご家庭には、軟水の水がお勧めです。体に良いミネラル成分も、胃腸などの器官が発育段階のお子様には負担になるかもしれません。本体は大きいサイズが最適です。

入れ替えの手間が省け、水のボトルは業者が自宅まで持ってきてくれるため、買い物で重い飲料水を買う手間も省けます。赤ちゃんのミルクを作る際もウォーターサーバーで適温に調節できたりなど、赤ちゃんが居られる家庭に非常に便利です。本体も水のボトルも一人暮らしであれば小さめのものを、家族でお住いの家庭には、大きめのものが最適です。サーバーを選ぶ際、大きさ、扱う水の種類に注意すれば失敗なく選ぶことができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*