Skip to content

レギュラーコーヒーとインスタントの違いについて

コーヒーと一言で言った場合、その言葉が持つイメージは人によって主に2種類に分かれます。一つはインスタントコーヒーでもう一つはレギュラーコーヒーになり、普段からどちらを飲んでいるかによって違ってきます。しかしレギュラーコーヒーとインスタントの違いを明確に把握できている方は少なく、コーヒーが好きな方でも違いを説明できないと言う方は大勢いらっしゃいます。まずインスタントコーヒーとは、基本的にコーヒー豆から抽出した液を乾燥させた物をお湯に溶かして飲みます。

なのでお湯を入れるだけで簡単に作れるようになっています。しかしこの方法だとコーヒー豆が本来持っている味や香りが乾燥の段階で飛んでしまい、レギュラーと比べて物足りない印象を与えてしまいます。一方レギュラーコーヒーの場合は、コーヒー豆から抽出したコーヒー液を飲む形になります。したがってコーヒー豆本来の味や香りを楽しめるようになっています。

ただしレギュラーコーヒーは豆本来の味や香りを楽しめるメリットがありますが、デメリットもあります。例えばコーヒー液を抽出するためには専用の道具が必要になりますし、消耗品なども定期的に購入する必要があります。またコーヒーを作るたびに必ずゴミが出ますので、それを片付ける手間もかかります。しかしそれを補ってあまりある時間を楽しむ事ができるとされていますので、インスタントではなくレギュラーコーヒーを飲む方は多いとされています。

オフィスコーヒーのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *