Skip to content

それぞれに特徴がある各種コーヒーメーカーの比較

最近は家庭で本格的なコーヒーを楽しむ人が増えています。このため飲む人のこだわりや用途に合わせたコーヒーメーカーがたくさん売られています。古くからあるもので電気を使わないものがあります。代表的なものがハンドドリップ式です。

サーバーにドリッパーをセットしてケトルでお湯を淹れるもので手軽にコーヒーを楽しめます。この他にもお湯を注いでプレスして淹れるフレンチプレス式もあります。淹れる人のこだわりに応じたコーヒーが作れるのが利点ですが、淹れ方で味や濃さにむらができることがあります。電動で淹れるものの代表はサイフォン式です。

電気を使わないものと比較すると安定して同じ味のコーヒーが楽しめ、たくさんの量を一度につくるのに適しています。また保温機能もあるので保存にも便利です。最近は多機能のものもあり、ミルや浄水機能の付いたものや味の濃さを調節できるものもあります。電動式で最近急速に普及しているものにカプセル式があります。

一人分のコーヒー豆や豆を精製した液の入ったカプセルを専用のメーカーにセットしてスイッチを入れるだけのコーヒーメーカーです。サイフォン式と比較するとまず操作が簡単です。カプセルをセットするだで本格的なコーヒーが飲めます。また一人分のコーヒーを淹れるのに適しています。

豆は買ってきて封を開けると劣化が始まるので、その点カプセル式はいつも鮮度のよい豆で淹れたコーヒーを楽しめます。このように利点ばかりのカプセル式ですが、たくさんのコーヒーを作る時には向いてなく、コーヒー一杯にかかる値段が割高になるなどの欠点もあります。それぞれの家庭で使う場面をイメージし、それにあったコーヒーメーカーを比較検討することが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *