Skip to content

コーヒーメーカーの種類について

毎日美味しいコーヒーを楽しみたいなら、その都度お店に通うより、自宅でコーヒーを淹れた方が経済的にお得です。

最近流行っているコンビニコーヒーは一杯で200円~300円しますが、コーヒーメーカーで自作すれば100円~200円の費用に抑えることができます。高価で手入れが面倒なイメージがあるコーヒーメーカーですが、最も安価なものだと5000円程度で買うことが可能で、フィルター交換が不要な便利な製品も販売されています。一口にコーヒーメーカーといっても様々な種類があります。

コストパフォーマンスに優れるドリップタイプや、エスプレッソ・カプチーノを作れる高価なタイプなどが代表的な例です。ドリップタイプは最も一般的な製品で、5000円~10000円の価格で販売されています。定期的な交換が必要なフィルターの代金が気になるなら、金属フィルター付きの製品を選ぶといいでしょう。エスプレッソ・カプチーノに対応した製品は、特殊で高度な構造をしているため、価格が高めに設定されています。

他にもドリップ・エスプレッソ・カプチーノの3つに対応したタイプや、ココア・ラテが楽しめるタイプもあります。豆を自動で挽いてくれるタイプもおすすめです。あらかじめ豆が挽かれている市販の粉末コーヒーも十分美味しいですが、挽きたてのコーヒーにこだわりを持つ人もいるでしょう。コーヒー豆は自力で挽くことも可能ですが、「挽きたてを手っ取り早く飲みたい」という人には、自動で豆を挽いてくれるコーヒーメーカーが適しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *