Skip to content

コーヒーメーカーの選び方

コーヒー好きの人はコーヒーメーカーの導入を一度は考えたことがあるでしょう。

カフェで飲めるような淹れたてのコーヒーを、自宅で楽しめるようになるのは非常に魅力的です。お店でコーヒーを飲む場合は、一杯につき300円~500円のお金がかかりますが、自分で淹れれば100円~200円の費用ですみます。本体購入の費用を含めても十分元が取れるので、普段からコーヒーを飲む習慣がある人は、コーヒーメーカーの購入を検討してみてはどうでしょうか。コーヒーメーカーを購入する際に確認すべきは、製品の価格と機能、手入れのしやすさです。

基本的に機能と価格は比例します。レギュラーコーヒーを飲みたいだけなら数千円の製品で事足りますが、エスプレッソやカプチーノなどの特殊なコーヒーは、ハンドドリップや安価な製品で再現することができないので、どうしても作りたいなら数万円の出費を覚悟しなければなりません。コーヒーメーカーは給水タンクが外せるタイプとそうでないタイプに分かれています。

味や衛生面にこだわるなら、タンクの取り外しが可能なタイプを購入することをおすすめします。大型で自宅に置いておくイメージが強いコーヒーメーカーですが、中には持ち運びに対応した小型の製品も販売されています。持ち運び可能なタイプは値段が少々高めですが、飲みたい時にいつでも使えるのが魅力です。どこにでも持っていけるので、外出先で友たちに振る舞うこともできます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *