ゼニカルは高カロリーな食事をした時に食べ物の油分を体の外に排出してくれるので、焼肉やラーメンなど食べても大丈夫です。しかし、油分が多い食事をした後に、オナラが出てしまうと稀に油分を含んだ液体が出て下着を汚すこともあるので注意しましょう。

生理周期を考えて計画的にゼニカルで痩せる注意点

生理前~生理中は、ダイエットに不向きな時期です。
生理中は出血があるので、あまり激しい食事制限や運動をしてしまうと、貧血を起こして倒れてしまう危険性もあります。また、ホルモンバランスの影響でダイエット効果があらわれにくい時期です。
ダイエットの効果を出しにくくしているのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)です。生理前から徐々に増えてきます。プロゲステロンが増えると水分や脂肪を溜め込みやすくなってしまったり、イライラしたり、気持ちが落ち込むなど、ダイエットに悪影響を与えます。
逆に、生理後はエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌され始めて、徐々に痩せやすく気持ちが安定する時期に入っていきます。
女性がダイエット計画を立てる時には、生理のタイミングに合わせて最適なダイエット計画を立てるのがベターです。
生理中の食事のポイントは、鉄分とビタミンC、葉酸の摂取を心がけることです。ビタミンCには鉄分の吸収を良くする効果があります。また、葉酸は赤血球を生成する時に必要になります。貧血を防止して、生理後にスムーズにダイエットをスタート出来るように準備しておくと良いでしょう。
計画を立てておけば、ペース配分をすることが出来るので、身体に負担をかけずにダイエットすることが出来ます。
脂肪分を摂りすぎてしまいがちな女性は、ゼニカルというダイエット薬を使うと良いです。ゼニカルは食べた脂肪の吸収を30%カットしてくれる効果があります。
ただし、ゼニカルを服用すると脂溶性ビタミン(A・D・E・K)が未吸収の油に溶け込んで一緒に流れ出てしまうので、脂溶性ビタミンが不足しやすいです。不足を補うために、ビタミン剤などで補給しながら使うようにしましょう。