ネクタイで自分の印象を変えよう

ネクタイで自分の印象を変えよう

subpage01

社会人になればネクタイも必須と言ってもいいファッションアイテムになります。
社会に出た頃だととにかくすすめられた物を使うだけでも精一杯ですが、慣れてきたら自分なりのセンスで着こなしを工夫してみると、がらりと印象も変わってくるので頑張ってみましょう。
一見すると何となく同じ形に見えてしまいますが、ネクタイもよく見ると横幅や長さなども違いますし、色や柄も豊富にあってみているだけでも楽しくなってきます。

まず選ぶ時に忘れてはいけないポイントとしては、長さはベルトに掛かるぐらいにすることと、幅はジャケットの下衿の幅に合わせるようにすることです。

多角的な視点からネクタイ選びをお手伝いします。

色もたくさんあってつい好きなものばかり手に取りそうになると思いますが、その前にじっくりと見比べて見ましょう。



赤や青、緑に茶色など、自分の好き嫌いだけでなく、他から見てどう見えるかというのも意識してみて下さい。

赤は情熱ややる気、積極性を感じさせますし、青だとその反対で冷静さや落ち着き、真面目、若さなども感じさせてくれるのではないでしょうか。
黄色も社交性がある色ですし、緑は穏やかで優しげな印象を与えてくれます。

自分で選ぶと言うのは難しく思えるネクタイですが、使うシーンや手持ちのスーツに合わせながら考えてみて下さい。



お洒落のためだけでなく、ビジネスやプライベートなど、いろんなシーンで着こなせるようにしておくと、合わせ方次第で自分自身の印象をコーディネートできるようになります。

ネクタイについての考察

subpage02

ネクタイは市販されているものから選ぶことになりますが、自分でデザインしたものが手に入ればもっと素敵ではないだろうかと思い描く事もあるのではないでしょうか。オーダーメイドを取り扱うお店もあるので、オリジナルのものを作りたいという時には利用してみましょう。...

NEXT

ネクタイの納得の真実

subpage03

ネクタイの起源となる首を被う布地が誕生したのは17世紀半ば頃でルイ14世の警護にあたるクラバット(クロアチア人)の騎兵がのどもとを守るために現在のネッカチーフに似た布を巻きつけたのが始まりとされています。現在でもフランス語ではネクタイのことをクラバットと表現しているのがその名残です。...

NEXT

ネクタイの情報分析

subpage04

ビジネスからプライベートまで大人の装いとしてスーツは欠かせません。その中でも中心に位置しているのがネクタイです。...

NEXT

ネクタイについて思うこと

subpage04

ネクタイといえばフォーマルシーンやビジネスシーンで着用することが多いアイテムですが、特に男性のスーツスタイルやジャケットスタイルをオシャレに魅せるための大きな役割を担っています。その理由ですが、男性のスーツスタイルやジャケットスタイルは女性のファッションに比べるとそれほどバリエーションが多くなく、どうしても決まりきったスタイルになりがちといった特徴があります。...

NEXT